NPO法人 日本アロマセラピー福祉サポート協会(JAWSA)

JAWSA

JAWSA株式会社木花

チャリティー活動

日本アロマセラピー福祉サポート協会では、研究・教育活動として「調査研究」、「情報提供」、「育成・教育・研修」などを行っております。

調査研究

名古屋大学医学部附属病院総合診療科統合ヘルスケアチーム

2018年4月より、名古屋大学医学部附属病院総合診療科統合ヘルスケアチームに、当法人の理事長・中村智美がアロマセラピスト兼僧侶として所属しております。医師・看護師・臨床心理士・栄養士・鍼灸師・ヨーガ療法士・アロマセラピスト・僧侶など、様々な分野の専門家と共に、患者様へのホリスティックなケアを行っております。

[詳細]
・第1回目 2018年4月15日13:00~17:00 症例研究会
・第2回目 2018年7月15日13:00~17:00 症例研究会・プレゼンテーション発表
・第3回目 2018年10月21日13:00~17:00 症例研究会・歩く瞑想ワークショップ主催
[プレゼンテーション内容]
プレゼンテーションでは、アロマセラピーについて、仏教について、仏教の新たな展開(エンゲイジド・ブッディズムとマインドフルネス)、アロマセラピーと臨床仏教(触れることで生じるいのちの滋養・心の栄養)、患者様へのケア内容についてお話させていただきました。

医師・大学教授との共同研究
「アロマセラピートリートメント施術前後によるオキシトシンレベル値の変化

[研究内容]
オキシトシン研究で知られるの高橋徳氏(消化器外科医・ウィスコンシン医科大学教授)、砂川正隆氏(歯科医・昭和大学教授)、ギル佳津江氏(英国IFPA理事・ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー校長)と当法人理事長中村智美による共同研究「アロマセラピートリートメント施術前後によるオキシトシンレベル値の変化」を実施いたしております。
オキシトシンとは、子宮収縮や乳汁発射を促すホルモンとして知られていますが、近年、鎮痛作用・幸福感の増加・自閉症の治療効果・ストレス反応の抑制作用などあることが研究で示唆されてきました。
本研究では、被験者にアロマセラピーのボディトリートメント60分を受けていただき、施術の前後で唾液を採取し、検査機関でオキシトシンレベルを測定いたしました。研究継続中のため、来年度も実施し、様々なパターンで比較・分析したうえで発表を予定しております。

[参加者人数合計]被験者55名 施術者11名
[場所・実施人数]
・ ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー大阪校 被験者42名 施術者8名
・ 統合医療クリニック徳 被験者13名 施術者3名

その他

〇英国BOTANICA2016カンファレンス出席
2016年9月3日~6日までの4日間、英国ブライトンで開催されたアロマセラピーの国際カンファレンス「Botanica2018」に出席。医療分野でのアロマセラピーの有効性と症例、世界各国の医療施設で行われている補完療法の取り組みについて情報収集・調査研究を行いました。

『The International Journal of Clinical Aromatherapy』掲載

フランスに拠点を置くクリニカルアロマセラピーの専門誌『The International Journal of Clinical Aromatherapy』に、当法人の理事長・中村智美が「日本でのアロマセラピーを用いた緩和・終末期ケア」について、編集長リアノン・ルイス氏からインタビューを受け、最新号「2018 Volume 13 Issues 1 Oncology & Palliative Care Issue」に8ページの特集記事が掲載されました。この専門誌は、年に2回発行されており、エビデンスにもとづく研究論文が多数掲載され、世界各国のクリニカルアロマセラピストに支持されています。
インタビュー記事はこちらをご覧ください。

『アロマテラピーと自然療法の専門誌 aromatopia 』寄稿

[出版会社]フレグランスジャーナル社
[詳細]
・146号(2018年1月25日発行)
「特集 アロマテラピーの資格制度を検証する」で、経営者の視点から資格制度のメリットと要望点を述べさせていただきました。
・147号(2018年3月25日発行)
「AIR(Aromatopia Information Reference)で「精油は悪性皮膚潰瘍に有益か?」を抄訳。
・148号(2018年5月25日発行)
AIRで「緩和ケアにおけるアロマ口腔ケア-スロベニアでの予備研究報告」を抄訳。
・149号(2018年7月25日発行)
AIRで「がん患者の不眠症に対するアロマセラピーの可能性」を抄訳。
・150号(2018年10月25日発行)
AIRで「外科集中治療室の患者に対する睡眠の質および生理的パラメータに及ぼすアロマセラピーマッサージの影響」を抄訳。

『スタディサプリ進路 仕事・学問BOOK』掲載

[出版会社]株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 進学事業本部リクナビ進学ブック編集部
[発行日]2017年4月1日
[掲載内容]
高校生の学習・進路選択支援の教材として高校の進路指導室に配布されるキャリア教材『スタディサプリ進路 仕事・学問BOOK』に、当法人の理事長・中村智美がアロマセラピーのお仕事と「先輩からのアドバイス」として紹介されました。この教材は、高校1年生の2学期に行われる文理選択の判断基準の一つとしても活用されており、154種類の仕事と80種類の学問が紹介され、進路適性診断の結果や興味のある仕事や学問を調べることができます。

日本エステティック協会主催AJESTHE講習会 講演

2016年10月17日15:00~16:30に、『エステティシャンのための愛情ホルモン「オキシトシン」セミナー』で「高齢者施設で行うアロマセラピーハンドトリートメント(90分)」のご講演をさせていただきました。

『IFPAジャパンカンファレンス2016』分科会 発表

2016年11月6日に、『IFPAジャパンカンファレンス2016』分科会にて、「緩和ケアへのアロマセラピー導入と継続の成功事例(45分)」の発表をさせていただきました。

一般向け情報提供

一般の方向けに、様々な媒体を通してアロマセラピーに関する情報提供を行っております。
[詳細]
下記の情報をFacebookにて提供いたしました。
・7月16日「おむつ交換の後のアロマ消臭スプレーの作り方」
・10月29日「アロマセラピーによる睡眠ケアのやり方」
・11月21日「アロマ口腔ケア」
・1月30日「アロマで作るマスクスプレー」
・3月23日「入院・手術の時のアロマ緩和ケア」

育成・教育・研修 正会員向け研究

「病院で行うアロマ緩和ケア」研修

病院で活躍できるアロマセラピスト育成のため、正会員向けに実施いたしました。理論では、緩和ケアの概念、アロマセラピーによる緩和ケア実施内容(トリートメント・芳香浴・沐浴・口腔ケア・エンゼルケア・睡眠ケア・食欲ケア・痛みの緩和・悲しみの緩和など)、緩和ケアで使用しやすい精油、入院患者様へトリートメントを行う際の注意事項など。
演習では、入院患者様への足・手・顔のトリートメントを練習し、手技だけでなく、手の密着度、タッチングの圧・スピード・滑らかさを確認し、厳しく意見交換を行いました。また、毎回様々な分野の緩和ケアの専門家に来ていただき、アロマセラピーだけでなく幅広い知識を深めました。
一回目は、緩和ケア専門の看護師に終末期の治療内容やケア方法、二回目は臨床仏教僧から仏教思想を含んだ死生観や宗教観についてお話を伺い、緩和ケアに携わるセラピストに大切な心構えを考えました。

[場所] 愛知県
[参加者人数合計]
・2018年1月18日・19日(2日間)11:00~18:00(12時間) 参加者3名
・2018年2月7日・8日(2日間)11:00~18:00(12時間) 参加者2名

英国ロイヤルフリーホスピタルにて院内実習

2016年9月7日~19日まで、英国ロンドンにあるロイヤルフリー病院(※)にて、補完療法のボランティアスタッフとして院内実習に入らせていただき、あらゆる症状の入院患者様35名へアロマセラピートリートメントを行いました。
※ロイヤルフリー病院は、1828年にロンドン北部のハムステッドに設立され、最新医療が受けられることで有名な総合病院です。約21年前から補完療法サービスが導入されており、のべ約30万人、昨年は約33,000名もの入院・通院患者へアロマセラピーなどの施術を行い、治療や心のケアをサポートしています。
補完療法チームを率いるキース・ハントさんは、これまでの社会貢献が認められ、1999年にカムデングッドシチズン賞を受賞、2013年にはバッキンガム宮殿にてチャールズ皇太子より大英帝国勲章MBEを授与されました。

育成・教育・研修 一般向け勉強会

「Dr.くまさんのほっこりセミナー(150分)」

2016年5月18日に、「くまさん」こと田村祐樹先生(彦根市立病院・緩和ケア科医師)に勉強会を開催していただきました。
医療・看護・福祉・教育の現場で「CARE for CAREGIVER」を提唱しており、心も体もほっこりできるお話や呼吸法・タッチングケアを教えていただきました

「セラピストの為のオキシトシン勉強会」

2016年8月10日に、オキシトシン研究の第一人者である高橋徳先生 (ウィスコンシン医科大学教授、統合医療クリニック徳院長)に勉強会を開催していただきました。
日頃お客様や患者様へのトリートメントを行っているセラピストの方々へ、愛情ホルモンと言われるオキシトシンについて豊富なエビデンスをもとに教えていただきました。